お子様のいじめ問題など、ちょっとでも不審を感じたら

お子様にちょっとでも不審を感じたら・・・

お子様のいじめ問題

 

子どもがいじめにあっている
●子供がケガをして帰ってくる? 
   聞いても応えてくれない。

 

●持ち物がなくなっている。

 

●最近元気がない

 

 

 

お子さんは助けを待っています。

 

ちょっとでも不審を感じたら、いじめのサインなので細心の注意をします。

 

このようなサインを学校側に相談しても、なかなか改善されないのが、現代のいじめ問題です。

 

年々増加して、ニュースなどで見るのは、誰にも相談できず、悩んだ末に命を絶ってしまうお子さんです。

 

お子さんに少しでも異変を感じたら、そのままにせずにキチンと調べて、確かな証拠を出せば、学校側や加害者側もいじめを認め、対策が講じられます。

 

「学校にいる間は、子供は安全」 でしたが、今は全く通用しないので、手遅れになる前に、早めに手を打てば、解決する場合がほとんどです。

 

 

いじめ問題 探偵に調査を依頼一番大切なことは、探偵に調査を依頼する、しないに関わらず、お子さん本人との対話をすることです。

 

最近のいじめは、エスカレートして被害者の死で終わることもあります。

 

そうなると加害者も一生苦しむことになるので、サインに気付いたら対話を続けていきたいです。

 

 

 

 

 

   ※当社は、ご依頼者並びにご相談者の個人情報保護を第一に考えております。

   ※業務上知り得た情報に関する守秘義務を厳守することをお約束いたします。

 

 

トップページへ戻る